三菱 ミラージュを買う!
ミラージュTOPモデルチェンジ推移>2012年8月1日

ミラージュ値引き
ミラージュ カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
ミラージュ値引き交渉術
ミラージュ値引きレポート
ミラージュのライバル車
ミラージュ中古車相場
新車値引き交渉術
ミラージュの維持費を安く
ミラージュの燃費
ミラージュのアフターパーツ
下取り車の相場を調べる
ミラージュの保険料相場
リンク集

 

 

三菱 ミラージュ モデルチェンジ推移2012年8月1日

 

三菱ニュースリリースより

 

--------------------

 

 

新型グローバルコンパクトカー『ミラージュ』を日本で発売
〜ガソリンエンジン登録車トップの低燃費27.2km/Lを実現〜


三菱自動車は、新型グローバルコンパクトカー『ミラージュ』(メーカー希望小売価格:998,000〜1,288,000円、消費税込)を、全国の系列販売会社を通じて8月31日(金)から発売します。

新型『ミラージュ』は、コンパクトカーに求められる普遍的価値である「低燃費」「低価格」「コンパクト(扱いやすさ)」をキーワードとし、「先進国における環境対応車」と「新興国におけるエントリーカー」というニーズを両立させたグローバルコンパクトカーで、生産拠点であるタイに続き、アセアン諸国、日本に投入した後、欧州、豪州などへと順次展開する予定です。本年3月末から販売しているタイでは、同国のエコカー要件を上回る燃費No.1のエコカーとしてお客様から高い評価を頂き、これまで33,000台を超える(7月末時点)ご注文を頂いております。

日本で発売する新型『ミラージュ』は3グレード構成とし、全車に新開発1.0L 3気筒MIVEC*1エンジンと新型INVECS-III*2 CVTを搭載しました。「G」「M」では、低燃費化技術『自分でエコする賢いエンジン エコサポート』を採用。アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー(AS&G)」などの搭載により、ガソリンエンジン登録車トップ*3の27.2km/L*4を実現。

 

平成27年度燃費基準+20%を大幅に上回り、購入時の自動車取得税と自動車重量税が《免税》となります。「E」ではアイドリングストップ機能非採用ながら、多岐にわたる軽量化や徹底した走行抵抗及び空気抵抗の低減など基本技術の追求により23.2km/L*4を実現。平成27年度燃費基準+10%を達成し、購入時の自動車取得税と自動車重量税が《75%減税》となります。尚、新型『ミラージュ』は6月26日(火)より予約受付を行なっており、5,000台を超える(7月末時点)ご注文を頂くなど、大変好評を博しております。

*1・・・Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control systemの略称、可変バルブタイミング機構。
*2・・・Intelligent & Innovative Vehicle Electronic Control Systemの略称、IIIはCVT専用の制御。
*3・・・ハイブリッド車を除く。2012年8月1日時点、当社調べ。
*4・・・国土交通省審査値のJC08モード燃料消費率。

 


1.商品特長


(1)低燃費
軽量&高剛性ボディに1.0L 3気筒MIVECエンジンと副変速機付INVECS-III CVTを搭載し、多岐にわたる軽量化と徹底した空気抵抗及び各部の走行抵抗の低減により、AS&Gを採用する「G」「M」ではガソリンエンジン登録車トップの27.2km/L、AS&G非採用の「E」では23.2km/Lを実現しました。
また、燃費のよい運転状況を3段階で表示するECOドライブアシストやアイドリングストップ時間を表示するAS&Gモニターなどにより、ドライバーに低燃費運転を促します。


(2)低価格
基本装備の「E」、実用装備の「M」、快適装備の「G」の3グレード構成とし、お求めやすくお買い得感のある価格としました。エコカー減税対象車としたことで、いっそうお求めやすくしています。

(3)コンパクト(扱いやすさ)
コンパクトカーでクラストップレベルの最小回転半径4.4mを実現。前方の車両感覚がつかみやすい設計とし、良好な視界を提供することで、取り回しやすさ、運転しやすさを追求しています。
高効率パッケージの採用により、取り回しやすいコンパクトボディと大人5人に十分な居住空間及び日常使用に不足のない荷室容量を両立しました。
(4)マルチカラーラインアップ
レモネードイエローメタリック、ポップグリーンメタリック、カシスパープルメタリックの新色3色を含む全8色の設定とし、購入時の選ぶ楽しさだけでなく、日々のカーライフを楽しく彩ります。


2.商品概要


(1)デザイン・エクステリア
フロントは、優しさとシャープさをあわせ持つヘッドランプと抑揚のあるボンネットフードによって、凛としながらも親しみやすい表情としました。ボディサイドは、張りのある豊かな面を持った造形とし、ベルトラインとキャラクターラインをフロントの低い位置からリヤにかけて切りあげることで、良好な視界を確保しつつ躍動感を演出しました。ルーフラインは後席頭上スペースを確保しながら後方に向かって緩やかに落とし込み、キャビンは後方に向かって絞り込む一方で、リヤバンパーをワイドでボリューム感のある形状としたことで、安定感のあるリヤスタイルとしました。
流体解析や風洞実験により、要所に空気抵抗低減のための最適な造形を盛り込み、コンパクトカーでクラストップレベルの低CD値0.27(当社測定値、「E」を除く)を実現、低燃費化に寄与しています。
ボディカラーは新たに開発したレモネードイエローメタリック、ポップグリーンメタリック、カシスパープルメタリックのほか、セルリアンブルーマイカ、レッドメタリック、ホワイトパール、クールシルバーメタリック、ブラックマイカの彩り豊かな全8色の設定としました。


(2)デザイン・インテリア
インパネは水平基調のデザインとして、前方正面から左右へと大きく円弧を描くラインで広がりを表現。上面はシンプルな造形とすることで前方視界に配慮しつつ、開放感を演出しました。また、艶やかなピアノブラック調のセンターパネルを採用するなど、上質なインパネとしました。
メーターには、ガソリン消費量と走行速度を基準に運転のエコ度を可視化するECOドライブアシストを採用し、燃費によい運転を3段階で表示します(「E」を除く)。また、マルチインフォメーションディスプレイでは、アイドリングストップしていた時間(「E」を除く)、平均燃費、航続可能距離などを表示することで、ドライバーに低燃費運転を促し、エコドライブをサポートします。
室内を明るく演出するブラック&アイボリー内装とシックでシンプルな印象を与えるブラック内装を、ボディカラーとのコーディネートを図ってボディカラーごとに設定しました。
グローブボックス、オープントレイ、コンソールトレイ、フロントドアポケット、カップホルダー(前席用、後席用)、助手席シートバックポケットなど豊富な収納により、日常の使い勝手に配慮。また、リヤシートは6:4分割可倒式としたことで、積載物に応じたアレンジを可能としています。


(3)パッケージング
エンジンルームを極力コンパクトにして乗員空間を最大限に確保する高効率パッケージを採用。従来のコンパクトカーよりも一回りコンパクトで取り回しやすいボディサイズとしながら、大人5名に十分な居住空間と日常使用で不足のない荷室容量を確保しました。
ドライバーからボンネットの両サイドが見えやすい設計として車両感覚をつかみやすくしながら、フロントピラーを乗員に近づけ、ベルトラインの前方を低く設定したことによって、良好な前方及び側方視界を確保。コンパクトカーでクラストップレベルの最小回転半径4.4mと相まって、交差点での右左折、狭い路地での運転、縦列駐車など、取り回しがよく安心して運転することができます。


(4)ボディ
ボディ構造を最適化するとともに高張力鋼板の採用範囲を拡大し、大幅な軽量化を実現して低燃費化に大きく寄与する一方、衝撃を吸収するフロント構造と高剛性のキャビン構造を組み合わせた衝突安全強化ボディRISE(Reinforced Impact Safety Evolution)を採用し、社内試験においてクラストップレベルの高い衝突安全性を確認しています。


(5)エンジン、トランスミッション
吸気側に可変バルブタイミング機構(MIVEC)を採用した小型&軽量な新開発の1.0L 3気筒エンジンを搭載。細部にわたる軽量化、徹底的なフリクションと負荷の低減により、低燃費化を追求しています。「G」「M」には、AS&G、減速エネルギー回生システム、高効率オルタネーター、インテリジェントバッテリーセンサーなどの低燃費化技術『エコサポート』を採用し、ガソリンエンジン登録車でトップの低燃費27.2km/Lを実現。AS&G非採用の「E」では23.2km/Lを実現しています。
最高出力51kW(69PS)/6,000rpm、最大トルク86N・m(8.8kgf・m)/5,000rpmを発揮。軽自動車並みの車両重量と相まって、ストレスのない発進加速と追越加速を実現しました。その結果、街中から高速道路まで、軽快で気持ちのよい走りを実現しています。
トランスミッションは、副変速機を用いたワイドレシオの新型INVECS-III CVTを採用し、加速性能と燃費の双方を向上させています。従来に対して、直結領域の拡大、変速制御の最適化などにより、加速性能を損なうことなく低燃費化に寄与しています。


(6)シャシー
最適なチューニングを施したサスペンションは、素直で安心感のある操縦安定性とともに良好な乗り心地を実現しました。また、サスペンション形状の合理化により軽量化を推進し、低燃費化に寄与しています。
コラム式電動パワーステアリングを採用して低燃費化に寄与しています。また、駐車場や狭い場所では軽い操舵力で取り回しやすく、高速道路の車線変更時では手応えのある操舵力で安心感の高い設定としました。
ブレーキは、滑りやすい路面や緊急時のブレーキングでタイヤのロックを防いで危険回避能力を高めるABS、多人数乗車や荷物を積載した場合に後輪の制動力を高めて制動性能を向上させるEBD(Electronic Brake-force Distribution)を採用。さらに、エマージェンシーストップシグナル、ブレーキアシスト機能、ヒルスタートアシスト機能を採用して、安全性と安心感を高めています(「E」はブレーキアシスト機能とヒルスタートアシスト機能がメーカーオプション)。


車両の横滑りを感知した場合に横滑りを抑えて車両を安定させるスタビリティコントロール機能、滑りやすい路面での発進時にスリップを感知するとタイヤの空転を抑えるトラクションコントロール機能を、「アクティブスタビリティコントロール」としてメーカーオプションで設定しています。
転がり抵抗を低減した165/65R14サイズのタイヤを採用して低燃費化に寄与しています。


(7)機能装備
鍵を鞄やポケットから取り出すことなくドアハンドル横のボタンを押すだけで開錠及び施錠でき、エンジンスイッチを押すことでエンジンを始動及び停止できるキーレスオペレーションシステムを「G」に採用しました。
電装品を総合的に制御する三菱自動車独自のETACS(Electronic Time & Alarm Control System)により、ヘッドライト、ワイパー、ドアミラーなどで便利な自動機能を実現しています。
専用の音質チューニングを施したワイド2DINタイプの専用7型AV一体型メモリーナビゲーション、インストルメントパネルと調和したユニークパネルデザインのAM/FMラジオ+CDプレーヤーをディーラーオプションで設定しています。


UV&ヒートプロテクトガラスをフロントウインドシールドとフロントドアに、UVカット機能付プライバシーガラスをリヤドアとテールゲートに採用しています(「E」はフロントウインドシールドのみ)。
フルオートエアコン(「E」はマニュアルエアコン)を採用。花粉や埃の流入を抑えるクリーンエアフィルターを採用して快適性を高めています。


(8)品質
世界中の生産拠点で共通の品質を確保するため、独自のシステムで開発品質と生産品質を確保しています。
開発品質の面ではMMDS(Mitsubishi Motors Development System)に則り、企画・開発(設計・試作・試験)・生産・品質確認・販売・サービスのすべての段階で厳格な基準のクオリティゲートを設定。総合的に審査・評価して合格したものだけが次工程に進めるシステムとすることで高い品質を確保しています。
生産品質の面ではMMPW(Mitsubishi Motors Production Way)を採用、品質基準を満たした良品のみが次工程に送られる管理体制を採用することにより、全生産拠点で共通の高い品質を確保しています。さらに、新型『ミラージュ』の生産にあたっては、新工場で生産する新型車であるため、通常の完成検査に加えて日本人の熟練検査員が出荷前に全数の品質を確認するほか、現地検査員の指導を実施するなど万全の品質管理体制を敷いています。


3.販売概要


(1) 取り扱い販売会社
全国の系列販売会社


(2) 販売目標台数
30,000台 (2012年度)

 

・価格(消費税込み)

998,000−1,288,000円

 

 

 

 

 

トップページへ

 
■ 広告

 

    221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム     

 

 


 

copyright ©2012-2013 三菱 ミラージュを買う! All Rights Reserved